費用・プランで見つける!合宿免許おすすめランキング

top > 合宿免許とは > 通学と合宿の違いは?

通学と合宿の違いは?

 教習所で車の免許を取得するときには自宅から通学する場合と、どこかで一時的に暮らしながら合宿との2つの方法があります。その違いの1つは免許を取得するまでの間をどこで暮らすかとなります。後者の場合は基本的に教習所が用意した宿舎で暮らすことになります。しかも大概は個室でなく2人以上が同じ部屋を共有して暮らすことになります。また食事も用意されたものを食堂などで食べることとなり、実質は研修中の共同生活となります。そのためにその共同生活になじめない場合はこのやり方で免許を取得することは推奨できないことになります。またこの後者の場合は他所の地域の教習所で免許を取得となるため、その地域の道路事情も把握しておかないとなりません。大抵は大都会ではないため、車だらけの大混雑した何車線もあるような道路を車線変更しながら走らなくて済みますが、反面都会では信じられないような道路を走らされる可能性もあります。

 次なる違いは最初から最後までのスケジュールの決まり方となります。自宅から来る場合はその人の都合に合わせて予約を随時入れていきます。しかし合宿の場合は最初から最後までスケジュールが決まっているので、自宅から通う場合に比べて短期間で取得が可能な場合があります。ただし一部の授業で不充分となれば補習となり、そのぶんだけ卒業までの期間が何日か延長となります。その後者の場合は募集期間によって応募する人数に差が生じることになります。一時的に日帰りできない範囲に移住して暮らすため、多くは学生さんがメインとなり、しかもそれは夏休みや春休みなどに集中しやすくなります。なぜなら普段は学校の授業があるため利用しにくいからです。夏休みや春休みなどは集中しやすくなるため、早期の応募者が多数となり、すでに募集受付を締め切ったなんてことも出てくることになります。

 一方で自宅から通いながら免許を取得する場合は、走る道路は今後の対策として有効になりやすい場合があります。なぜならその道路は日常生活で使用頻度の高い道路だからです。また教習が終わるとすぐに家に帰れるために普通の日常生活を送りやすくなります。そこでは他の教習生を気にすることなく生活できるため、ストレスを感じなくて済みます。またほかの用事もこなせるために、バイトしたり、歯医者など病院でどこかを治療に出かけたりなんてことも可能となります。そして何よりも夏休みや春休み以外の日常期間に利用しやすい点となります。普段の学校の授業がある日でも学校帰りに教習を受けることが可能となります。その点ではこちらに軍配があがりやすくなります。言い換えればわざわざ夏休みや春休みなどに教習所に出かけなくていいことを示唆します。